キャッシングの審査基準を知ればお金は借りれる!

キャッシングの審査基準の仕組みを知らないと借りれない

キャッシングでお金を借りる場合誰もが避けて通れないのが「審査」です。

 

 

この審査通過なくしてはキャッシングの融資はありえません。

 

 

しかし、実際にキャッシングの審査に通る人の比率は50%位です。
少し審査が厳しいキャッシングの場合は30%位のところもあります。

 

 

キャッシングの審査って本来は甘いのが普通です。
住宅ローンやマイカーローン、教育ローン、トラベルローン、ブライダルローンなどに比べると格段に審査は甘いのが当たり前。

 

 

しかし、実際に審査が通る人は30%〜50%くらいとは一体どうゆうことでしょうか?

 

 

これは、キャッシングの審査基準の仕組みを知らずにやみくもに色々なキャッシング会社に申込しまくっているからに他なりません。

 

 

 

大学受験でも就職試験でも資格試験でも事前にしっかりと準備をした人が合格する確率が高いのはご存知だと思います。

 

それと同じようにキャッシングだって事前にしっかり審査基準の知識を身に付けて勉強して、しっかりと準備して申し込めば審査に通る可能性が高いのはいうまでもありません。

 

 

当サイトでは、少しでも多くの人がキャッシングの審査に通るように「審査基準」について分かりやすく解説していきます。

 

 

 

今度こそは必ず審査に通ってお金が借りれるはずです!

 

 

キャッシングの審査基準の仕組みとは?

キャッシングの仕組みってどんな感じなのだろうか?

 

 

初心者の方にも分かりやすくキャッシングの審査基準の仕組みを解説してみます

 

 

キャッシングの仕組みは大まかに以下の通りです。

 

 

属性で審査

 

 

個人信用情報で審査

 

 

提出書類で審査

 

 

在籍確認で審査

 

 

 

上記のポイント1〜ポイント4までをキャッシング会社はしっかりと審査して融資の判断を下します。

 

 

 

 

 

属性で審査

 

キャッシング会社で行う属性の審査とは、キャッシングの申し込みをしてきたお客の個人情報です。

 

たとえば、お客の家族構成、職業、年収、年齢などです

 

もっと細かくいえば、勤続年数、居住年数、結婚の有無、他社の借金の借り入れなどもチェックし審査を行います

 

 

 

 

個人信用情報で審査

 

キャッシング会社で行う個人信用情報の審査とは、過去のローンやクレジットの借り入れ履歴や返済の履歴、現在の借り入れ状況のチェックなどです。

 

 

個人信用情報機関でデータを照会できるようになっております。

 

キャッシング会社は、業界間でこのお客の個人信用情報のデータを個人信用情報機関で共有しているのです。

 

 

 

 

提出書類で審査

 

 

キャッシング会社でいう提出書類とは「本人確認書類」や「収入証明書」などです。

 

 

本人確認書類は「免許証」、「健康保険証」、「パスポート」など。

 

キャッシング会社に申し込んだのは本当に本人なのかを公的書類で確認します。

 

 

収入証明書は年収や月収の金額、継続した収入があるかどうかを確認するためです。

 

主に源泉徴収票や数か月分の給与明細、納税証明書などを提出します。

 

 

 

 

在籍確認で審査

 

キャッシング会社が行う在籍確認とは、勤めている職場に本当に働いているかを確認する作業です。

 

 

キャッシング会社はお客の「収入安定性」と「返済能力」を最も重視します。

 

従って、申し込み時に申請した職場で本当に働いているか、ウソなのかどうかをしっかり確認します。

 

 

在籍確認は主に「職場に直接電話確認」で行われます。

 

その時、キャッシング会社の名前を名乗らず個人名で電話確認を行います。

 

 

 

 

以上の4つのポイントに則って審査が行われます。

 

この上記の4つのポイントはキャッシング審査基準の中核となりますので、しっかり覚えておきましょう!