消費者金融で借りれる人、借りれない人の例

消費者金融で借りれる人と借りれない人

消費者金融は基本的に審査が通りやすいのが普通です。

 

 

よほどのポカをしない限りお金が借りれるようになっていますが、中にはどうしても審査が通らないと言う人もいます。

 

 

では実際に、消費者金融で当たり前のようにお金を借りれる人と、毎回いくら申し込んでも借りれない人の違いは何なのか?

 

 

 

その違いさえしっかり把握していれば、消費者金融からお金を借りれる対策は立てられるかと思います。

 

 

つまり「消費者金融でお金を借りれない原因や理由」をしっかり押さえておけば良いというわけです。

 

そして借りれない原因や理由を消去していけば「借りれる人」になる事ができます。

 

 

 

(消費者金融でお金を借りれない人の原因と理由)

 

 

1)申し込みフォームの記入ミス、嘘の申請

 

記入ミスで審査に落ちる人は多い。

 

ウソ申請(年収や他社借入件数、他社借入金額)はなぜかバレてしまいます。

 

 

 

2)総量規制に抵触している

 

 

2010年に制定された「総量規制」の法律は年収の3分の1を超える融資ができないという決まりです。

 

従って、既に年収の3分の1を借りている人は新規の融資が原則出来ません。

 

 

 

3)自己破産歴がある(5年以内に)

 

既に免責している人であれば、5件経過すれば個人信用情報機関のブラック情報が消えますので、それまで待ちましょう

 

 

4)債務整理歴がある(5年以内に)

 

過去5年以内に任意整理などの債務整理をした人。

 

又は現在も任意整理中の人は審査が通りにくいです。

 

 

任意整理を完全に終えて、尚且つ5年経過後に再度申し込みを入れてみましょう。

 

 

5)他社借入が多い人

 

多重債務者はなかなか審査は難しいといえます。

 

大手や銀行系の消費者金融ですと4件でリミットがかかると言われております。

 

中小や街金系でも多重債務者には慎重な審査を行います。

 

 

6)在籍確認が取れない

 

属性的に審査基準を満たしている人でも、在籍確認(職場電話連絡)が取れないと審査が否決になる場合があります。

 

常に会社が留守状態だったり、電話を取り次いでくれない会社だと審査が不利となります

 

 

 

以上の消費者金融で借りれない人の原因と理由を取り上げてみました。

 

あなたはいくつ当てはまっていますか?

 

 

消費者金融で借りれる人、借りれない人記事一覧

自己破産歴があっても消費者金融で審査が通るか?

自己破産歴があると通常、ローンやクレジットカードなどの審査が難しくなります。これは消費者金融でも例外ではなく、自己破産者にはどこの業者も慎重あ審査を行うのが普通です。自己破産者はローンやクレジット業界では俗に言う「ブラックリスト」だからです一度でも過去に自己破産をしてしまうと、免責後5年は経過しない...

≫続きを読む