公務員はキャッシングの審査に有利か?審査は通りやすいか?

公務員は、どんな審査基準のキャッシング会社でも融資は有利か?

公務員はローンやクレジットカード、そしてキャッシングの審査が有利と聞いているが本当か?

 

 

 

 

 

 

それは間違いなく有利といえましょう。

 

公務員の職業というだけでキャッシング会社からは上客とみなされます。

 

 

 

当然ですが審査も通りやすいですし、可決した限度額も多めに設定されることが多いです。

 

 

 

一般的に審査基準が少し厳しいと言われている銀行カードローンや、低金利の信販系のカードローンでも公務員であればいとも簡単に融資が受けられます。

 

 

 

公務員の審査の有利さはキャッシングだけでなく住宅ローン、マイカーローン、教育ローン、クレジットカードなども威力を発揮します。

 

だからあなたが現在公務員でキャッシングでお金を借りたいと思った場合は楽勝で審査に通るかお思われます。

 

 

 

 

しかし公務員でも審査が通りにくい人もいる

キャッシングの審査では公務員万能主義を書いてきました。

 

 

「公務員はとにかく審査が有利」と力説してきましたが、それでもやはり審査が通りにくい公務員も中にはいます。

 

 

では審査が通りにくい公務員ってどんなタイプの人でしょうか?

 

 

審査が通りにくい公務員のタイプ

 

 

自己破産者

 

キャッシング会社では、過去に自己破産をしている人(5年〜10年以内)には審査は厳しい対応をします。

 

これは公務員といえども例外ではなく、もし過去に自己破産をしていて免責後5年を経過していない場合は個人信用情報機関に「異動」情報が履歴で残っていますので審査は不利といえます。

 

 

個人信用情報機関の団体によっては10年履歴が残っている所もあります。

 

 

中には審査基準の甘いキャッシング会社の場合は自己破産歴があっても現在の状態を見て融資してくれる所もありますが、全体的に不利といえます。

 

 

自己破産の履歴は、一般的にブラックリストと言われております。

 

 

任意整理歴がある

 

これも自己破産歴と同じく審査が通りにくい要因になります。

 

これも自己破産と同じブラックリストの一種です。

 

 

過去に任意整理などの債務整理をしている場合、個人信用情報機関に「異動」情報が残っています。

 

個人信用情報機関の団体によって異なりますがだいたい5年〜10年は履歴が残ります。

 

 

属性が高く審査が通りやすい職業の花形である公務員といえどもさすがにブラックリストになるとなかなかキャッシングの審査には通りません。

 

 

 

現在延滞中、過去に延滞歴がある

 

キャッシングやローン、クレジットカードの延滞は著しく心証を悪くします。

 

 

現在、キャッシングやクレジットの借金をズルズルと延滞している場合や過去5年以内に3ヶ月以上の長期延滞をしている人は個人信用情報機関に延滞履歴が記録されております。

 

こうなると、さすがの公務員でもキャッシングの審査は厳しくなるでしょう。

 

 

 

総量規制に抵触している

 

 

ほとんどのキャッシングサービスは総量規制に則っております。

 

「年収の3分の1以内しか借りれない」という法律の決まりです。

 

 

従って、いくら公務員の人が審査に有利だとはいえ既に他社で年収の3分の1以上借りてしまっている場合は、新規の融資は出来ません。

 

 

 

連続申し込みをしている場合

 

キャッシングの審査では連続申し込みは不利です。

 

これも心証を悪くします。

 

 

 

具体的には過去3ヶ月以内に4社以上のキャッシングに申込をしまくる行為です。

 

連続申し込みは「多重申込み」、「申し込みブラック」とも言われていてキャッシングの審査で不利となります。

 

 

 

なぜ連続申し込みは申し込みブラックリストと言われるほど審査に不利なのかと言いますと・・・・過去に多くのキャッシングを短期で借りまくって夜逃げする人が多かったからです。

 

 

短期間に多くのキャッシングに申込をする行為は、キャッシング会社からはよほど金銭に困っていて余裕がない人間と思われてしまいます。

 

当然返済する余裕も無くて、多くのキャッシングで借りまくって逃げる可能性があるのでは?と疑われます

 

 

公務員のようなキャッシングの審査に有利な人でも短期間に多くのキャッシングやクレジットカードに申込をしまくるのはやめましょう!